糖質制限ダイエットで痩せないのはなぜ?食事で作る痩せやすい体

糖質制限ダイエットをやっているのに思うように痩せないし、体重が減らないと悩んでいませんか。糖質制限で重要なのは食事内容や食べ物なので、痩せる体を作るやり方をご紹介します。運動やコンビニご飯、おやつなど実際に痩せたレシピを公開しています。

糖質が多い野菜は意外にある?野菜なら太らないは間違いだった!?

f:id:nalu_life:20180810074417j:plain

ダイエット中は野菜中心の食事をするという女性は多いですよね。

私もダイエットの知識がほとんどなかった頃は、ダイエットといえば野菜だと思い込んでいました。

 

そろそろ体重がやばい・・・?

そんなときに慌てて野菜ばかりの食事にして体重を戻そうとする、なんてことをずっと繰り返してきたんです(汗)

 

もちろん野菜には、ビタミンやミネラルなどの栄養素がたっぷり入っていて、痩せるためには欠かせない食材です。

 

でも、糖質制限ダイエットを始めてから、今まで口にしてきた食べ物の糖質を気にするようになってきたんです。

 

すると、野菜の中には意外と糖質が高いものが結構ある・・・・ということに気が付きました。

お菓子や菓子パンを食べるよりはいいのですが、気にせずに糖質の多い野菜を食べているとあっという間に一食の糖質量の目安を超えてしまいます。。。

 

お菓子も控えて、野菜もしっかり摂っているのに痩せない・・・という悪循環にハマってしまわないように、野菜の糖質について見ていってみましょう!

糖質の多い野菜、少ない野菜の見分け方

 

野菜はすべてヘルシーだと思われがちですが、中には食パン1枚と同等くらいの糖質が含まれている野菜もあります。

 

お菓子と違って野菜には栄養素がたっぷり含まれているので、体にとってはいいものなのですが、血糖値のことを考えるとその糖質量は無視できないものです。

 

そうはいってもスーパーに行ったときに、どの野菜が糖質量が多くて、どれが少ないものなのか分からないとどれを買っていいのか迷ってしまいますよね?

 

実は野菜の色でおおまかに糖質の多い、少ないを見分けることができるのです。

緑系の野菜

緑の色が強い野菜は、野菜の中でも糖質の少ないグループになります。

100グラム当たり1グラム以下の糖質の野菜ばかりなので、糖質はほぼゼロだと考えて大丈夫です。

 

  • 大葉
  • ホウレンソウ
  • こまつな
  • ブロッコリー
  • アボガド
  • チンゲン菜
  • ピーマン
  • オクラ

 

このあたりの緑系の野菜は、糖質が少ないのでたくさん食べても血糖値が上がりませんので、お料理にたっぷり使いたいですね。

淡色野菜

少し色が薄めの淡色野菜も比較的野菜の中で、糖質が少な目のグループになります。

100グラム当たりの糖質が1グラム以上あるものもいくつかありますが、それでもそれほど気にする量ではありません。

 

  • もやし
  • ニラ
  • レタス
  • キャベツ
  • セロリ
  • キュウリ
  • 長ネギ
  • カリフラワー
  • たけのこ
  • ナス

暖色系の野菜

赤やオレンジなどの暖色系の野菜は、野菜の中でも糖質が高めのグループになります。

加熱するとより甘みを感じる野菜で食べやすいので、好きな方は食べ過ぎに注意しましょう。

糖質制限中は、お料理の彩りに入れる程度にしておくといいですね。

 

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • トマト
  • パプリカ

 

f:id:nalu_life:20180810080816j:plain

糖質の多い野菜を食べるときは、チーズやオイルをプラスして食べるといいですよ。

いも類・根菜系

野菜の中でも一番気を付けないといけないのが、お芋系の野菜たちです。

ほくほくして美味しいのですが、糖質量は野菜の中でもかなり多いため、これらの野菜をメインに使った料理は糖質が高くなることを覚えてきましょう。

 

  • さつまいも
  • じゃがいも
  • さといも
  • 山芋
  • 片栗粉
  • はるさめ
  • れんこん
  • ごぼう
  • たまねぎ
  • とうもろこし

 

じゃがいもやとうもろこしはそれを主食にしている国もあるくらい、糖質がしっかりと含まれた野菜です。

こういう野菜をメインに食べるときは、主食であるお米を抜くか減らすかなどの調整が必要になります。

 

さつまいもはこの中でも一番糖質が高く、100グラム当たり約29グラムの糖質があります。

(じゃがいも:約16グラム、かぼちゃ:約17グラム、とうもろこし:約14グラム)

焼き芋や大学芋は美味しいけど、食べ過ぎ注意ですね!

芋を使ったお菓子や料理は要注意

 

野菜のほとんどは低糖質で、ビタミン、ミネラルも豊富という糖質制限ダイエットにはぴったりの食べ物です。

 

ですが、お芋系や根菜系だけは糖質が飛びぬけて多いので、その食材が使われているお菓子やお料理はできるだけ避けることをオススメします。

 

お菓子やジャンクフード

  • いもけんぴや
  • ポテトチップ
  • フライドポテト

 

どれもメインはお芋なので、糖質はたっぷりです。

 

お料理

  • カレー
  • シチュー
  • 肉じゃが

 

じゃがいも、にんじん、たまねぎはどれも糖質が多い野菜です。

安くて簡単に手に入る上に、カレーもシチューも手軽に作れるので、食べる機会の多い料理だと思います。

 

私も以前はよくカレーを作り置きして、休日に食べていました。

ですが、野菜の糖質+お米の糖質+カレールウの小麦粉の糖質でかなりの糖質を摂取していたことになります・・・

f:id:nalu_life:20180810074552j:plain

カレーはときにご飯の量が多くなりがちなので、太りやすい料理なのです。

 

私はこのカレールウを使ってよく作っていました。

プレミアム塾カレー。

f:id:nalu_life:20180810074739j:plain

 

カレールウの表示を見てみると分かりますが、一皿で20グラム以上の糖質ですね。

f:id:nalu_life:20180810074830j:plain

それでも、どうしてもカレーが食べたい!という時はあると思います。

そういう時はなるべく血糖値を上げない工夫が大切です。

 

私の場合は、ただのカレーではなくドライカレーにし、じゃがいもを入れない代わりに糖質の低いナスやピーマンを代わりに入れています。

さらにご飯を雑穀米にして食物繊維を足し、たんぱく質を追加するために、目玉焼きを乗せて食べるととっても美味しいですよ。

 

f:id:nalu_life:20180810075113j:plain

今までヘルシーだと思って食べていた野菜も少し注意してみると、食事内容改善のヒントになるかもしれません。

 

ダイエットでは食事が8割と言われているように、食べ物を気にしてみることはとても重要だと思っています。

 

糖質の多い野菜をメインに食べるときは、主食に代わりにして、たんぱく質と脂質も忘れずに摂るようにしたいですね!

 

あぁパンもお菓子も食べちゃった・・・

そんな糖質制限の失敗をリカバリーできる方法がないわけじゃなかった!

あるかないかでダイエットのストレスに差が付くやつがコレです。

糖質ダイエットをサポート【八糖仙】