糖質制限ダイエットで痩せないのはなぜ?食事で作る痩せやすい体

糖質制限ダイエットをやっているのに思うように痩せないし、体重が減らないと悩んでいませんか。糖質制限で重要なのは食事内容や食べ物なので、痩せる体を作るやり方をご紹介します。運動やコンビニご飯、おやつなど実際に痩せたレシピを公開しています。

糖質制限中のコンビニメニューの決め方!【ファミリーマート】

f:id:nalu_life:20180820224854j:plain

カロリー制限がダイエットの王道だった頃は、ダイエットといえば、なるべく自炊しましょうというのがよく聞くアドバイスでした。

 

確かに自炊すれば、味付けも油や調味料の量も調節できるので、外食するよりヘルシーな食事ができると思います。

 

でも、料理が苦手だったり、買い物に行く時間がなかったら、自炊するのも大変ですよね・・・?

今はそんな人が増えてきているせいか、自炊しなくてもコンビニで買ったご飯で痩せられる時代になってきています。

 

カロリーだけ気にするダイエットでは難しいかもしれませんが、コンビニで買う商品の糖質量に気を付ければ、痩せることは可能です。

 

ダイエットのためにわざわざ特別な料理を作ったり、運動する時間を捻出することはなかなか難しいですが、普段のコンビニご飯の選び方で確実に体重を落としていくことができます。

 

そこでコンビニに行ったときにぜひ覚えておきたいコンビニメニューの決め方をご紹介したいと思います。

 

関連:糖質制限中のコンビニランチはどう選ぶ?ファミリーマートで買ってみた

low-carb.hatenablog.jp

コンビニでご飯を買うときに気を付けたいこと

 

コンビニは本当に便利で、駐車場に車を止めたら10秒後にはもう店内で食べたいものを物色できちゃうわけです(笑)

 

でも、逆に言えばいろんなものに目移りしてしまって、糖質制限ダイエットでは逆効果な商品も買っちゃうかもしれないってことですよね。

 

だって毎週新商品が発売されて、見ているだけで楽しくなってしまうのがコンビニなので、それだけ誘惑が多いんです。

 

なので、コンビニに行く前にはメニューの決め方を知ってから行く必要があります。

 

  • 糖質量(炭水化物)は30~40グラムまで
  • 主食を入れるときは糖質量に注意する
  • 動物性たんぱく質を入れる
  • 食物繊維が含まれているものが入っているといい
  • 量は腹八分目になるくらい

 

私はこのルールを守ってコンビニでご飯を買うようにしています。

 

つまり・・・コンビニに入ったら真っ先にわき目も振らず、お惣菜コーナーに行くのです!

なぜならそこにたんぱく質系の商品が集中しているので、まずそこで動物性たんぱく質をゲットしておきます。

 

パンコーナーやデザートコーナーは誘惑が多いので、無駄に見ないほうが変な食欲を起こさなくて済むと思います。

実際にファミリーマートに行ってメニューを決めてみた

 

早速、家の近くのファミリーマートにいって今日の夜ご飯を買ってきました。

残業しているとどうしても帰りが遅くなって、ご飯を作る気力が湧かないんですよね・・・

 

そんなときでも、選び方さえ気を付ければ太るのを阻止することができます。

コンビニに着いたら、とりあえずお惣菜コーナーに行ってきました。

 

そこで選んだのがこちらのメニューです。

f:id:nalu_life:20180820213745j:plain

  • ゆで卵
  • 根菜とひじきのごまマヨサラダ
  • チーズサラミ
  • さわらの西京焼き

 

お昼だったら、主食も追加するところですが、夜なのでなしのメニューにしました。

それでは肝心の糖質やカロリーを見ていってみましょう。

 

ゆで卵

コンビニでご飯を買うときは必ず買うくらい、糖質制限中にはありがたい食べ物の一つです。

f:id:nalu_life:20180820214920j:plain

糖質はほぼゼロなのに、完全栄養食品とも言われているくらい栄養素がたっぷりなので、もちろん痩せるための栄養素もたくさん詰まっています。

 

ファミリーマートのゆで卵にはカロリーなどの栄養成分の表示がありません。

ですが、一般的には一個80キロカロリーで、たんぱく質は6~7グラムです。

小腹が空いたときのおやつとしても食べたい食材です。

 

根菜とひじきのごまマヨサラダ

根菜は糖質が多めの野菜ですが、量が少な目なので買ってみました。

 

他に春雨サラダがあったのですが、春雨は低カロリーなのに結構糖質が高いので、脂質も摂れるこちらのサラダにしておきました。

 

根菜の中でもごぼうは比較的食物繊維も含まれているので、血糖値対策にもなります。

f:id:nalu_life:20180820214953j:plain

 

チーズサラミ

サラミは割とカロリーが高い食材なのですが、糖質量は少ない食材です。

チーズの脂質が含まれているので、少量で満足感を得ることができます。

 

脂質が足りていない食事を続けていると、何かのきっかえで暴食しやすいので、カロリーオーバーにならない範囲で脂質も摂ることは重要だと思います。

f:id:nalu_life:20180820215620j:plain

 

さわらの西京焼き

ファミリーマートには、すぐに食べられるお魚が置いてあるのでオススメです。

たんぱく質量も多いですし、サラダチキンばかり食べて飽きてきた頃に、代わりに食べるのもいいと思います。

 

多少骨があるので、早食いを防止することもできます。

f:id:nalu_life:20180820215930j:plain

 

糖質制限の範囲内でも暴食はよくない

今日買ってきたコンビニご飯を一食として食べると、カロリーは458キロカロリー、糖質は17.5グラムです。

残業したときなど、食べるのが遅くなってしまったときはなるべく糖質を少なくするようにしています。

その代わりおやつなどで調整するときもあります。

 

糖質制限をしていれば、お肉ばかりどれだけ食べてもいいと思ってしまう方もいるようですが、私はよく噛んで腹八分目を守る習慣は大切だと思っています。

 

コンビニご飯でも、お皿に盛ればちょっと素敵に見えます(笑)

f:id:nalu_life:20180820221124j:plain

コンビニご飯は味が濃いことがあるので、自分でブロッコリーを追加したりして、味を薄めています。

出先ではできませんが、家で茹でてストックしておくと便利です。

 

自炊がなかなかできなくても、コンビニなら表示がしっかりしてあるので、逆に糖質管理がしやすいというメリットもあります。

 

コンビニに行くときは、裏の表示を確認するクセをつけておきたいですね!

 

あぁパンもお菓子も食べちゃった・・・

そんな糖質制限の失敗をリカバリーできる方法がないわけじゃなかった!

あるかないかでダイエットのストレスに差が付くやつがコレです。

糖質ダイエットをサポート【八糖仙】