糖質制限ダイエットで痩せないのはなぜ?食事で作る痩せやすい体

糖質制限ダイエットをやっているのに思うように痩せないし、体重が減らないと悩んでいませんか。糖質制限で重要なのは食事内容や食べ物なので、痩せる体を作るやり方をご紹介します。運動やコンビニご飯、おやつなど実際に痩せたレシピを公開しています。

糖質制限ダイエット中にドカ食いしちゃった?翌日からのリセット方法

f:id:nalu_life:20180822000009j:plain

せっかく糖質制限を続けて痩せてきたのに、今日になって食欲が爆発しちゃった・・・そんなときに罪悪感でいっぱいになっていませんか?

 

ダイエットをしたことがある方なら、このドカ食いを経験したことがあるのではと思います。

 

本当にこの衝動って突然やってくるんですよね。

昨日まではしっかり自己管理ができていて、痩せるための行動を取ることができていたのに、今日になったら些細なきっかけで食べるのをやめられなくなってしまうんです。

 

私も何度も経験があるので、本当によくわかります。

食べてるときは無心なのに食べ終わった後は、「あ~やってしまった・・・」というものすごい罪悪感に襲われますよね。

 

でも、この罪悪感に負けてしまうとダイエットはまた失敗で終わってしまいます。

ダイエットを成功させて痩せた体を手に入れるには、このドカ食いとも上手く付き合っていかなければいけないと思っています。

 

そこで、糖質制限ダイエット中にドカ食いをしてしまったときに、どうやって翌日からリセットすればいいのかをお伝えしていければと思います。

ドカ食いした翌日に気を付けること

 

もう食べてしまったものは仕方ありません。

それも含めてダイエットの過程だと考えることが大切だと私は思っています。

 

3000キロカロリーでも、4000キロカロリーでも摂ってしまったら、その日はチートデイだと思うようにしましょう。

 

ドカ食いしたときに一番気を付けないといけないことは、ドカ食いをその日一日だけで終わらせることです。

今日やってしまったから、明日もいいや・・・と開き直ってしまうことがダイエットの失敗に繋がります。

 

ドカ食いすると血糖値も急激に上がるので、またドカ食いしたいという衝動に襲われやすくなります。

その誘惑に負けないために、翌日は空腹になるまで食事は控えるようにしましょう。

 

ドカ食いによって血中の糖が多くなっていますし、内臓は食べたものの消化でエネルギーを使っている状態です。

 

水分だけはしっかり摂って、お腹が空くのを待ちましょう。

食べたものや量にもよりますが、朝食を抜けばお昼頃にはお腹が空いてくると思います。

 

ドカ食いの翌日の食事は、糖質を一食30グラムまでにしっかり制限しましょう。

糖の摂りすぎはドカ食いの衝動を起こしてしまいますので、なるべく血糖値が上がらないよう、たんぱく質をしっかり摂ります。

f:id:nalu_life:20180822075207j:plain

私もドカ食いを何度もやらかしてしまったことがあります。

やってしまった時は落ち込みますが、正しくリセットすれば体重はもとに戻りますので、とにかくお腹が空くまで待っています。

 

そして、お腹が空いてきたらゆでたまごや魚の塩焼きなどたんぱく質を中心に、腹七分目まで食べるようにします。

これをやって2日くらいで体重が戻らなかったことはありません。

ドカ食いしてしまう原因

 

ドカ食いはきちんとリセットすれば体重もきちんと元に戻ります。

ですが、最初からしなくていいのならしないに越したことはないですよね。

 

血糖値をなるべく上げないためにも、ドカ食いをしてしまう原因を知っておくことは大切です。

もしこんな食生活に当てはまっていたら、それが過剰な食欲の原因になっているかもしれません。

 

  • 脂質が足りていない
  • カロリーが基礎代謝を下回っている
  • 普段の生活で強いストレスを感じている
  • 睡眠不足が続いている
  • 激しい運動のしすぎ

 

ストイックな方ほどダイエットも厳しくしてしまい、それが体にとって負担になっていることがあります。

 

糖質制限ダイエットでは糖質は制限しますが、脂質やカロリーまで制限してしまうと、代謝が落ちたりエネルギー不足になります。

それを脳が感じると危険だと判断して、暴食を引き起こしてしまうのです。

 

また睡眠不足や激しい運動は思ったよりもストレスになっていることがあります。

ストレスによりコルチゾールというホルモンが分泌され、食欲を増進させるように働いてしまうのです。

 

私もなんで痩せないんだろう?と頭を抱えていた時期がありましたが、よく寝るようになってからストンと停滞期を抜けたことがありました。

 

よく寝るだけでダイエット効果も変わるほど、大きく影響しているんですね。

f:id:nalu_life:20180822080256j:plain

ドカ食いしたくなってしまったときは・・・

 

気を付けていても、たくさん食べたくなってしまうときはあると思います・・・(特に炭水化物にような太るものが・・・)

特に女性は生理によってホルモンバランスが変化するので、食欲がコントロールできないときもありますよね(汗)

 

そうなってしまったときにどうするべきかルールをあらかじめ決めておくと、ドカ食いを防止しやすくなります。

 

たとえば私は、ドカ食いしたくなったら頑張ってその前にやることをやります。

それがこれです。

 

  • 10分だけ体を動かす
  • 先に食物繊維とたんぱく質を摂る

 

運動すると食欲を刺激するホルモンの分泌が抑えられるので、少し体を動かすと食欲が治まってくることがあります。

それでもダメなときは、最初に野菜と卵とお肉を食べたあとに、糖質を食べていいことにしています。

 

このルールを決めておくとドカ食いでたくさん糖質を摂ってしまうことが減りました。

 

ダイエット中にドカ食いしてしまった時に大切なことはあまり気にしないことです。

罪悪感で落ち込んでも摂取してしまった糖質やカロリーは変わらないので、翌日からまた糖質オフの食事を続けていくことが一番大事です

 

一度のドカ食いだけでダイエットが失敗するわけではないので、うまくリセットしちゃいましょう!

 

あぁパンもお菓子も食べちゃった・・・

そんな糖質制限の失敗をリカバリーできる方法がないわけじゃなかった!

あるかないかでダイエットのストレスに差が付くやつがコレです。

糖質ダイエットをサポート【八糖仙】