糖質制限ダイエットで痩せないのはなぜ?食事で作る痩せやすい体

糖質制限ダイエットをやっているのに思うように痩せないし、体重が減らないと悩んでいませんか。糖質制限で重要なのは食事内容や食べ物なので、痩せる体を作るやり方をご紹介します。運動やコンビニご飯、おやつなど実際に痩せたレシピを公開しています。

糖質制限中の主食はパンとおにぎりどちらにするべきか?

f:id:nalu_life:20180823215843j:plain

糖質制限ダイエット中だからといって、主食を食べたら痩せられないというわけではないんです。

実際に私もダイエット中は主食である炭水化物を食べていましたが、体重はしっかりと減って目標である美容体重まで痩せることができました。

 

糖質制限ダイエット後の体重維持でも、糖質過多にならない範囲内であれば主食を食べても問題ないと私は思っています。

 

その主食なのですが、いつもどんなものを食べていますか?

ご飯、パン、うどん、パスタ、蕎麦などがメインかと思いますが、今は低糖質商品もたくさんあるので、そんなにひもじい思いをしなくて済むようになりましたよね。

 

コンビニやスーパーに何か食べるものを買いに行くこともあると思うのですが、その時に買うのはパンが多いですか?それともおにぎりですか?

 

イメージだけでなんとなく判断していると、意外と糖質の多いものを選びがちなのです。

そこでコンビニやスーパーで買えるパンとおにぎりの糖質量をチェックしてみました。

 

糖質制限中に選ぶ主食をもう一度見直してみましょう!

 

ダイエット中のパンは絶対にダメというわけではない

パン好きの人はダイエットに失敗しやすいという説はよく聞きますよね。

確かにパンは糖質の塊ですし、血糖値も上がりやすいので、パンが好きでたまらない女性は太りやすい食生活になりがちです。

 

でも、だからといってダイエット中にパンを食べたら痩せられないとは私は思わないのです。

むしろ糖質さえ気を付ければ、おにぎりよりも糖質をとらずにすむこともよくあると思っています。

 

一番血糖値が上がってしまうよくない食べ方は、白米だけ、白いパンだけという炭水化物オンリーで食べてしまうことです。

 

なので、主食オンリーにならない食べ方ができるように意識することが大切です。

 

パンとおにぎりの糖質を比べてみた

なんとなくパンよりご飯のほうがヘルシーなイメージですが、実際の糖質量はどうなのでしょうか?

 

まずこちらはファミリーマートの照り焼きチキンとたまごのサンドです。

f:id:nalu_life:20180823221914j:plain

糖質量は27.9グラムで、私は一食の糖質目安を30グラムにしているので合格範囲なのです。

 

他のサンドイッチも見てみると、こちらはタカキベーカリーのロールミックスサンドです。

f:id:nalu_life:20180823222116j:plain

スーパーのパンコーナーにタカキベーカリーのコーナーがあるお店もありますよね。

それとは別に冷蔵のサンドイッチコーナーに置かれていました。

 

糖質量は1包装で37グラムです。

全部食べたらちょっと多いですね。

 

では、次はおにぎりの糖質もチェックしてみたいと思います。

 

セブンイレブンのおにぎり秋シャケは糖質51.2グラム、たっぷりツナマヨネーズは37.7グラムとなかなか高めです。

 

ファミリーマートでも、和風ツナマヨネーズのおにぎりは糖質43.8グラム、焼きシャケは44.4グラムとこちらも結構ありますね。

 

最近スーパーで見つけたおにぎりもどんなもんか見てみましょう。

f:id:nalu_life:20180823223810j:plain

一番大好きなツナマヨです。

f:id:nalu_life:20180823223833j:plain

 びっくりしたのですが、糖質60.8グラムでした。

これを一個食べると一食分の糖質目安の倍を摂取することになります。

 

糖質量とたんぱく質量のバランスがいいのはサンドイッチ

血糖値を急激に上げないためには、糖質のみを摂るような偏った食事内容にしないようにします。

つまり、一緒にたんぱく質もしっかり摂ることで血糖値の上げ方をゆるやかにして、太るもとであるインスリンをなるべく出さないようにするのです。

 

おにぎりとパンの糖質量を見てみると、おにぎりは糖質量は40グラムから多いと60グラム近くあるのに、たんぱく質はどれも5グラム前後とそんなに多くありません。

 

サンドイッチだと糖質はだいたい25グラムから40グラムで、たんぱく質は中身にもよりますが、チキンや卵を選べば8グラムから15グラムもあります。

 

しかもサンドイッチは1パックに2つずつ入っているので、1つだけでやめておくなど調整がしやすいのもいいところです。

おにぎりは食べだしたら、食べさしで置いておくのはちょっと気が引けてしまいますよね。

 

最近のコンビニには、全粒粉入りのパンのサンドイッチもあります。

これは白いパンより血糖値が上がりにくいので、こういうのもいいですね。(写真はファミリーマート)

f:id:nalu_life:20180823225502j:plain

 

ただし、パンはパンでもこういうシンプルなパンほど糖質が多いので、注意しなければいけません。

f:id:nalu_life:20180823225733j:plain

何も入ってなくてシンプルですが、その代わり糖質量はとても高いです。

f:id:nalu_life:20180823225827j:plain

1個ペロリと食べれてしまう軽さなので、具のないシンプルなパンは避けた方がいいですね。

 

おにぎりとパンを比べてみましたが、改めて見てみるとおにぎりは意外と糖質が多いことが分かります。

ご飯の量に対して具もそんなに多くないので、たんぱく質量も少な目になってしまいます。

 

反対にパンの中でもサンドイッチは、卵やチキンなどたんぱく質の摂れる具材が入っているので、おにぎりよりも低糖質で高たんぱくな食事内容にすることができます。

 

菓子パンは糖質が高いので要注意ですが、サンドイッチならパン好きな方でも糖質過多にならずに食べることができると思います。

 

主食を選ぶときは、糖質量だけでなくたんぱく質量も気にするようにしたいですね!

 

あぁパンもお菓子も食べちゃった・・・

そんな糖質制限の失敗をリカバリーできる方法がないわけじゃなかった!

あるかないかでダイエットのストレスに差が付くやつがコレです。

糖質ダイエットをサポート【八糖仙】