糖質制限ダイエットで痩せないのはなぜ?食事で作る痩せやすい体

糖質制限ダイエットをやっているのに思うように痩せないし、体重が減らないと悩んでいませんか。糖質制限で重要なのは食事内容や食べ物なので、痩せる体を作るやり方をご紹介します。運動やコンビニご飯、おやつなど実際に痩せたレシピを公開しています。

糖質制限ダイエット中に外食するときのお店とメニューはどうするべきか?

f:id:nalu_life:20180826215735j:plain

糖質制限ダイエットをしているといろんな悩みが出てくると思います。

ダイエットを続けているうちに、外食するときに心から楽しめくなってしまう人もいるようなのです。

 

私も経験したことがあるので気持ちがよくわかります。

体重計の数値が変化するにつれて、外食することで数値が悪い方向へいってしまうことが怖くなってしまうんですよね。

 

そうなると、付き合いで外食に行っても食べるものが気になって心から楽しめなくなってしまうんです。

でもそれってちょっと悲しいですよね?

 

外食する頻度にもよりますが、たまに会う友人との外食さえも楽しめなくなってしまうことは心にもあまりよくないと思います。

 

でも糖質制限ダイエットでは工夫次第で、体重を増やすことなく外食を乗り切ることができると私は思っています。

 

外食してもきちんと乗り切れる体を作るために、外食時に気を付けることをチェックしてみましょう!

外食が太りやすいわけ

 

ダイエットするなら、外食よりも自炊したほうがいいと言われています。

私もそれはそうだと感じています。

 

3食外食するより、3食自炊したほうが痩せやすいし、痩せた後の体重も維持しやすいです。

 

外食が太ってしまうのにはこんな要素があるからではないでしょうか。

 

  • 量の調整がしづらい=カロリーオーバーになりやすい
  • 炭水化物が多い=糖質過多になりやすい
  • 味が濃い=食べ過ぎてしまう

 

とにかく自炊よりも、自分でコントロールできる範囲が狭まるので、太りやすい食事内容になりがちなんですね。

 

ということは外食するときはなるべくカロリーと糖質をコントロールしやすいところを選ぶべきだということになります。

 

外食するときに選びたいお店のジャンル

外食するときのきっかけはいろいろあると思いますが、運がよければ自分で行くお店やジャンルを選ぶことができますよね。

そういうときは、糖質量をコントロールしやすいお店を選ぶと、食べているときも罪悪感を感じずに楽しむことができます。

 

糖質制限中に向いているジャンル

  • ファミレス
  • 居酒屋
  • フレンチ
  • 懐石料理
  • 焼き鳥・串焼き
  • ステーキ・ハンバーグ
  • 鉄板焼き
  • 焼肉・ホルモン
  • バル
  • 鍋・しゃぶしゃぶ

 

糖質制限中は避けたほうがいいジャンル

  • イタリアン
  • ラーメン
  • パン食べ放題
  • 丼もの屋
  • ファーストフード
  • お寿司
  • うどん・そば
  • 弁当・おにぎり
  • お好み焼き・たこ焼き
  • インドカレー

 

ただし、最近はいろんなジャンルのお店で低糖質を意識したメニューを出しているので、絶対にこのジャンルは避けなければいけないというわけではないのです。

 

すき家は牛丼ライトというご飯の代わりに豆腐を入れたものを出していますし、モスバーガーはバンズの代わりにレタスでたっぷり挟んだバーガーを出しています。

 

絶対にダメというわけではないですが、糖質制限に向いているジャンルを選ぶと選べる範囲が広いのでメニューも決めやすいかと思います。

 

私のオススメはコース料理が食べれるところです!

普段は質素に自炊をして、たまに奮発してコース料理を食べに行くと満足感も違いますし、ご飯ものは必ず一番最後に出てくるので太りにくいのです。

 

こういう肉料理が食べれるところがいいです。

f:id:nalu_life:20180826221514j:plain

外食でメニューを選ぶときに気を付けること

 

まず覚えておきたいことは茶碗1杯のご飯(約150グラム)で約55グラムの糖質があります。

(下の写真はガーリックライスですが、白米だけよりも脂質があったほうが血糖値の上がり方はゆるやかになるので、白米以外がオススメです)

f:id:nalu_life:20180826221628j:plain

昼に外食するか夜に外食するかで変わってきますが、味の濃い外食では主食以外のところでも糖質がたくさん入っていることがほとんどなので、主食抜きでもいいくらいなのです(特に夜は)

 

メニューを選ぶときはココに注意して選ぶようにするといいと思います。

特に夜に糖質をたくさん摂ると確実に代謝しきれず、太りますのでメニュー選びは慎重にいきましょう。

 

  • なるべく単品で注文する
  • 肉・魚・野菜をメインに選ぶ
  • 炭水化物を食べるなら一番最後に
  • 主食は抜いてその代わり副菜を足す
  • デザートは果物と小麦たっぷりのものは選ばない
  • 付け合せの糖質の多い野菜はできるだけ残す(もったいないけど)
  • ドレッシングやタレはできれば別にしてもらう

 

外食は見えないところに意外と糖質がたっぷりが入っていることが多いです。

なので、なるべく目に見える炭水化物やタレ、ドレッシングなどの糖質はなるべく避けるようにします。

単品で頼むことができれば、量も調整しやすくカロリーオーバーになるのを避けることができます。

外食の料理はどうしても量が多いので、自炊のときよりもたくさん食べてしまうことがほとんどだと思います。

もったいない気持ちはすごく分かりますが、残す勇気も大切かなと思います(とはいっても、私は全部食べてしまうことがほとんどです・・・笑)

 

f:id:nalu_life:20180826221944j:plain

糖質をたくさん摂りすぎてしまった時は

 

自分で気を付けていても、付き合いの外食だと自分でコントロールできないときもありますよね。

糖質の多いイタリアンに行くことになってしまったり、デザートで大きなケーキを食べてしまったり、お腹がはち切れるほど満腹に食べてしまったり・・・

 

そんなときは食べているときに罪悪感を感じても仕方ありません!

その日はもう楽しんで、次の日からの調整が重要です。

 

関連:糖質制限ダイエット中にドカ食いしちゃった?翌日からのリセット方法

low-carb.hatenablog.jp

翌日からは睡眠をしっかり取るのと白湯を飲んで、代謝を促すようにしましょう。

無理に食事はせずに空腹になるのを待ち、体内に溢れかえった糖質が落ち着くのを待ちます。

 

一時的に体重が増えてショックかもしれませんが、脂肪になったからではなくただの水分なので、また糖質制限を続けていけばすぐに元に戻ります。

 

問題は糖質の多い外食が続いてしまうことです。

自炊できる部分は自炊に変えて、夜の外食が避けられない場合はなるべく糖質を避けつつ、腹八分目までに抑えるように頑張りましょう!

 

最近は糖質を考えたメニューを出しているお店も増えてきているので、過度に外食を怖がらずにダイエットを続けていきたいですね!

 

あぁパンもお菓子も食べちゃった・・・

そんな糖質制限の失敗をリカバリーできる方法がないわけじゃなかった!

あるかないかでダイエットのストレスに差が付くやつがコレです。

糖質ダイエットをサポート【八糖仙】